映画と映画館

Digitalscreen.jpはもう利用できません。 代わりにvideomarket.jpを試してください。

 

日本の映画館

世界で最初の映画館は1800年代末、日本初の映画館は1903年に誕生しました。

その後、その数は着実に増え続け、現在では映画が一般大衆の娯楽となり、映画館は日常的に利用される施設となりました。

映画館も多様化する現代

シネコンと呼ばれる、大型ショッピングモールと映画館、その他のサービス施設が一体となった形態も増え、また映画館の種類自体も、インディーズ映画専門や、古い映画に限定して上映するものなど、多岐にわたるようになりました。

現在では、オンライン映像配信サービスの普及に伴い、映画館は集客で苦戦を強いられています。映画館に新たな付加価値をつけ映画離れを食い止めようと、各館が斬新なコンセプトを打ち出しています。

こちらの動画で紹介されているのはその一つで、カップル用に全席ペアシートのみを用意した映画館です。
日本初! 全席ペアシートの映画館「フタリウム」オープン!

また、家では再現できない高品質のグラフィックや音響にますます力を入れるところも増えてきています。
オンラインサービスとの差別化が、シネマ業界全体の課題と言えるでしょう。